【サイトデータ】デリ・ボーイ

デリ・ボーイ

デリ・ボーイ 体験談・攻略法

風俗でヌキたいけど財布をみたら空っぽ。そんなときに重宝するのが、女性向け出張風俗の「デリ・ボーイ」だ。

サイト名からも察しがつくように、こちらはいわゆるデリヘルの逆バージョン。欲求不満の女性たちが、お金を払って性欲を解消するサイトなのだ。そんな上手い話が……、というのは現代女性の心理と現状に無知というもの。昨年、某有名女性誌が実施したアンケートによれば、「女性向けの風俗店があった方がいいと思う」という問いに、なんと半数以上の女性が「YES」と回答しているのだ。YESと答えた一般女性の本音を一言で代弁すれば、ズバリ「男だけズルイ!」。男は、お金さえ払えば、溜まったときにいつでもヌケるわけが、女性はそうはいかない。今でこそ、女性向け風俗店は皆無ではないが、安心して利用できる優良店は限られるし、都市部ならまだしも、地方に住む女性は利用したくても近くにない場合がほとんど。

自由資本主義経済の観点に立てば、需要と供給のバランスが、極めて不均衡なのが、女性向け風俗店の実態なのだ。要は売り手市場。圧倒的に、男を買いたい女性が余っている状態なのである。

さて、男性のお仕事内容は、基本的に「女性を責める」のがメインとなる。この点、風俗店を利用する動機は、男も女も共通しているのかもしれない。利用する女性も、お金を払う以上、溜まった性欲を吐き出させて欲しいと思うのは当然だ。というわけで、女性を責めるのが大好きな男性は、趣味と実益を兼ねた恰好のアルバイトになるだろう。

既存の風俗店との違いは、プレイ料金は設定されていない。要するに、謝礼は応相談。この当サイトの特性を知れば、楽しむコツは、おのずと明確になる。つまり、あまりガツガツして高い謝礼を要求しないことだ。自分も良い思いができるのだから、若干安めの謝礼を提示して、好みのタイプの女性をゲットするのが得策というもの。ちなみに、謝礼相場は2時間1~5万円。